スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しすぎる・・・

少しでも明るい話題をと思っていたのですが、悲しいことがおきました。





福島の野菜農家が自殺 摂取制限指示に「もうだめだ」

福島県須賀川市で24日朝、野菜農家の男性(64)が自宅の敷地内で首をつり、自ら命を絶った。
福島第一原発の事故の影響で、政府が一部の福島県産野菜について「摂取制限」の指示を出した翌日だった。
震災の被害に落胆しながらも、育てたキャベツの出荷に意欲をみせていたという男性。
遺族は「原発に殺された」と悔しさを募らせる。自宅は地震で母屋や納屋が壊れた。
ただ、畑の約7500株のキャベツは無事で、試食も済ませ、収穫直前だった。
遺族によると、男性は21日にホウレンソウなどの出荷停止措置がとられた後も
「様子をみてキャベツは少しずつでも出荷しないと」と話し、納屋の修理などに取り組んでいた。

 23日にキャベツの摂取制限指示が出ると、男性はむせるようなしぐさを繰り返した。
「福島の野菜はもうだめだ」。男性の次男(35)は、男性のそんなつぶやきを覚えている。
「今まで精魂込めて積み上げてきたものを失ったような気持ちになったのだろう」

 男性は30年以上前から有機栽培にこだわり、自作の腐葉土などで土壌改良を重ねてきた。
キャベツは10年近くかけて種のまき方などを工夫し、
この地域では育てられなかった高品質の種類の生産にも成功。
農協でも人気が高く、地元の小学校の給食に使うキャベツも一手に引き受けていた。
「子どもたちが食べるものなのだから、気をつけて作らないと」。
そう言って、安全な野菜づくりを誇りにしていたという。

 遺書はなかったが、作業日誌は23日までつけてあった。
長女(41)は「こんな状態がいつまで続くのか。
これからどうなるのか。農家はみんな不安に思っている。
もう父のような犠牲者を出さないでほしい」と訴える。



ソース asahi.com

俺は前に市場で卸の仕事をしていたことがあります。
総合卸の中で主に肉類を主流に、冷凍や加工品、鮮魚や青果も仕入れていました。


皆さんご存知でしょうか?
特に青果(野菜、果樹)農家の皆さんは大変な思いでその責務を担っていらっしゃいます。

規格は厳しいもので、きゅうりなど少しの曲がりでもB級品として半額以下の値段になります。
相場も日々変わってしまうもので、一日で倍以上の差が出るときもあります
レタス、キャベツなども相場や出荷にあわせて「あさぎり」「ゆうぎり」と収穫の時間も
朝、真っ暗なうちから切ったりとシーズンはひと時も休めません
家庭菜園でただ作るだけでも大変なことですよね。
天気の心配や気温の心配、水の心配日当たりの心配。害虫心配により美味しくするための肥料の心配。
自家栽培だけでも思いつくだけで気が遠くなりそうです。

プロの農家さんはさらに厳しく規格や糖度、葉の巻き具合などを極めないとならないのです
うちも果樹(桃、プルーン)を少しやっていましたが、朝から収穫して夜遅くまで箱詰めします
もちろん規格をあわせて、選果場に出荷するわけですが少しでも大きさがあわないと
検査ではじかれてしまいます。
例えば、1箱30入れではじかれた分は選果場でB級指定にされてしまいお金になりませんし返ってきません。
出荷にはお金もかかります、検査代に化粧箱代も売れたものから引かれます
出荷用の箱も専用のものを買い、害虫や木の病気用の消毒も畑の大きさによりますが少ししかない家ですら
1回10万円を超えます、しかも10日に一回はやらないとなりません。
その他にも果樹を守るためにかかる費用は計り知れません。
消費者の希望にこたえようと日々工夫し、試行錯誤のうえプライドを持って仕事をされているんです。

自ら命を絶たれた農家さんの言葉「福島の野菜はもうだめだ」
そこからも分るように「福島の野菜」としてプライドを持って仕事をされてきた方だと思われます
未出荷の分も保障するとかそんなことじゃなくて福島の農家としてのプライドを根底から崩され
そのうえ曖昧な国の対応にさぞ悔しい思いだったんだろうと胸が締め付けられる思いです。

問題ないとしながらも、摂取制限、出荷停止措置。
「念のための措置」???意味が分らん!
念のためってなんだよ・・・あらためてガッカリだよ・・・
洗えば安全なんだろ?何でハッキリ安全だって言えないんだよ・・・
しっかりしてくれよ・・・

俺たち消費者もデマや不安に惑わされること無く、正しい判断が求められていると思います。
「念のため」や「同情で・・」では無く何が大丈夫で、どうすればいいのか。
個人が下す判断に批判はしませんが、少しでも正確な情報で正しい判断ができるように俺もがんばります。


農家さんだけで無く漁師さんや畜産農家さん
諦めないでください、あなたたちが培ってきた技術や知恵は必要なものです。
あなたたちの活躍する場所が必ずあるはずです。
今までもこれからも、この国にはあなたたちが必要なんです。
これ以上地震や原発の犠牲にならないでください。






この記事で不快に思われた方にはお詫びいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

わかります。。。

私の叔父も群馬でキュウリ農家を営んでいます。
小さい頃からずっと見てきましたが毎日毎日休みなく働いて
夏の暑い日もハウスの中で汗だくになって、冬の寒い日も倉庫で毎日キュウリの箱詰め作業。
遊び半分で手伝いたいと言っても大切な商品には絶対に触れさせてもらえませんでした。
少しでも曲がったキュウリは商品にもならず大量の曲がったキュウリが私たちの食卓にならんだのを覚えています。
農業って本当に大変なんです。お化粧もせず朝から晩まで畑で働いて。
土日、夏休み、お正月を当たり前のようにとれるサラリーマンやOLとは違います。
ましてや個人農家なんて一日でも家を空ければ生活に関わります。
私の結婚式も繁忙期ということで叔母だけの出席となりました。
私たちにいわせればたった一日、でも叔父さんにとったら絶対に留守には出来ない一日なんです。
そういうことを振り返ると今回のニュースはいたたまれません。
たった一本のニュースが一人の命を消してしまう。
報道の怖さをいま改めて実感しています。
新聞や、ニュースもそうですけどすべてを鵜呑みにするのではなくしっかりと自分自身で決断をし、
行動しないといけないですね。
私も日々の報道に左右されるのではなく自分でしっかり調べ、判断して行かねばいけないと改めて思いました。

>ビバ♪やきまんじゅうさん

こんにちわ~

本当に悲しいことですよね
今、農家さんの事を「百姓」というのは軽蔑語だとか、不快語といわれていますが、
読んで字の如く 百の姓を知る ということで、さまざまな知識がないとできない仕事という意味だと
祖父から教わりました。うちの祖父も「お百姓」という言葉にプライドがあるようです。
不快に思われる農家さんもおられるようなので言葉には出しませんが、その仕事ぶりは小屋を建てたり、用水を引いたり、天気を読んだり気温と相談したりと日々、経験と知識で仕事されています。
ほんとに尊敬しますよね

3月20日に嫁さんの親父さんの実家の群馬から、かき菜や牛蒡などたくさん野菜をもらってきましたよ~。野菜炒めにスープにきんぴらごぼう、いつもどおり美味しく食べました。
群馬県は食の駅とかで農家さんが直売できるように力を入れている県なので国の補償とか
ちゃんとしてもらえるのかとても心配です。いつもいただいたり、直売で新鮮な野菜をお安く買っているだけに、JAへの出荷量を対象に補償・・・なんてことにならなければいいんですが・・・
一応、全部を補償対象にすると言っていたので信じたいですが。
ブログランキング
ランキングに参加しました
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ポチッとよろしく!
プロフィール

あたろっち

Author:あたろっち
初心者ですがよろしくです。
使うカメラもコンデジや携帯など
さまざまですので
見にくい所もあると思いますが
生暖かい目で見守ってください。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お楽しみに!
検索フォーム
天気予報
-降水短時間予報-
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Amazon おすすめ商品一覧