スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉旅行♪~地獄谷野猿公苑~

普段ツーリングやキャンプを楽しんでいるんですが

今回、諸事情で社員旅行に行かなかったので
22日~26日の連休(俺だけw)のなかで

一泊の温泉旅行を計画しました(^o^)/


行き先は、俺もかみさんもお気に入りの温泉郷。


信州 渋温泉です!


渋温泉といえば去年ゲームの「モンスターハンター」とのコラボで楽しんだ場所ですw
そのときのもようはコチラ↓

信州 渋温泉へ[モンハンコラボ]

信州 渋温泉へ2[屋台村編]

信州 渋温泉へ3[温泉街散策&スタンプラリー]



さて、今年は雪が多いですよね~
予約を入れてから天気予報を気にしていたんですが
23日24日はどうやら雪が降る予報・・・σ(^_^;)

まぁ、長野生まれ長野育ちの俺は多少降っても平気ではありますが
寄り道するのに雪は邪魔ですねw

23日朝
渋温泉スマホ001_R
・・・予報通り降ってやがる(#^ω^)ビキビキ
うっすら2cmぐらいの積雪ですがその下は氷になってます( ´Д`)=3 フゥ

佐久というところは積雪は降っても20cmから50cm程度でたいしたことないんですが
その後が怖いんですw
佐久地方では「凍みが強い」っていうんですが
気温が低く、なにせ溶けない・・・
ちょっと溶けた雪が圧雪にさらに含まれてめちゃくちゃ凍るw

うちの横の公会場の駐車場がスケートリンクのようになりますww
たまにホームアローンの泥棒さんのように派手にコケてるおっさんとか見れますよwww

このぶんだと一日中ちらちらと降りそうなので
いろいろと寄り道を考えていましたが
山ノ内町まで行ってからスポットを探すことにします。





渋温泉
渋温泉スマホ005_R
けっきょく真っ直ぐ来てしまいましたww
しかし、宿のチェックインは15:00です
時間がかなりあるので「スノーモンキー」を見に行くことにします。



渋温泉スマホ007_R
やっぱり積雪量は段違いだなぁ~
しかし、気温は暖かいですね~


渋温泉スマホ008_R

渋温泉スマホ009_R
渋温泉の有料パーキングから地獄谷野猿公苑まで
シャトルバスが出ています。
今回はこれを往復利用します。

じつは地獄谷の無料駐車場まで見に行ったんですが車を停める所がありませんでした
どちらの駐車場に停めても野猿公苑までは徒歩になります
無料駐車場のほうは山道1.6kmの30分コースw
こちらのシャトルを利用したほうが入園料込みだし
より近い徒歩15分ぐらいのところに行けますしね~w
ただし、帰りのシャトルの時間まで
徒歩での移動も含めて1時間40分という制限があります。




じゃぁ、さっそくシャトルに乗りますか~
・・・と思ったら、混んでいて予約してくれとの事!

そ、そうですよね~σ(^_^;)

順番まで1時間30分ぐらい時間ができました(早く来てよかったw)


温泉街を歩くのは楽しみにしておきたいし、ただ待っているのも性に合わないので
いったん中野市まで降りてランチをいただくことにします。


焼肉カルビ三夢 中野店
渋温泉スマホ002_R

渋温泉スマホ003_R
せっかくなので信州アルプス牛をいただきますか~
でも、雪道の徒歩が待っているのでちょっと軽めにw


渋温泉スマホ001_R
信州アルプス牛 特上ロースと信州アルプス牛カルビです。
かみさんはシマチョウ焼いて石焼ビビンバ食ってましたw
マジで雪道を歩かなければならないのでご飯は一膳でやめておきましょう。

ロースのほうはとても柔らかく脂身も甘さがあってとても満足!!
カルビのほうは狙ったカットではなく、あくまでもロスを抑えたカットで
肉自体の旨みは満足なのに繊維に対しての切り方が・・・。
ホントに美味しいお肉だったのでちょっと残念σ(^_^;)

総合的に満足のランチでした~\(⌒∇⌒)/



さて、腹八分目で渋温泉に戻ります!


渋温泉の有料駐車場に停めようと思ったんですが
窓口のおばちゃんに「今夜泊まるお宿に聞かれたほうがいいですよ~」といわれ
電話してみたところ、チェックインまでまだまだ時間があるというのに
お宿の専用駐車場に置かせてもらえました。

さぁ、いよいよ時間です
シャトルバスで冬季一般車通行禁止の道を登って行きます
タイヤに巻かれたチェーンのあの独特のゴトゴトを感じながら
急カーブ急斜面を登っていきますw


地獄谷野猿公苑駐車場
渋温泉スマホ035_R

渋温泉スマホ014_R
さ~て、公苑まで約15分との事。
はりきって歩きますよ~



DSC_0029_convert_20130226160650.jpg

DSC_0033_convert_20130226160749.jpg
道にもそれほど雪はなく、凍っているところはほぼありませんでした。
心配してがっちり防寒防水ブーツを履いてきたんですが
登山シューズでもよかったですね~



渋温泉スマホ034_R
途中の山小屋のつららw
今年のは長いつららをよく見かけます
うちのかみさん170cmぐらいありますけど、それと同じぐらいですかね~



渋温泉スマホ017_R
どうしてこんな形になったのか?w
少し青く見えるのも神秘的です



渋温泉スマホ018_R
山小屋の近くで、温泉が通っている塩ビパイプでけつを温めているサルがいましたw



地獄谷野猿公苑
渋温泉スマホ019_R
到着です!!
左と右の看板あわせて5ヶ国語で書かれているのか?
と思ったら、内容も微妙に違うのがありますねw

ここで入園料を払います。
シャトル利用者は込みなのでスルーですね

あと200mぐらいかな?
サルが温泉に入っているのが見られますw





スノーモンキー
DSC_0064_convert_20130226162943.jpg
さすがに頭に手拭い乗せているやつはいませんが
気持ちよさそうに湯に浸かっていますw


渋温泉スマホ029_R
観光にいらしているお客さんの7割ぐらいが海外からのお客さんです
サルも分かっているのかちゃんと写真が撮りやすい位置で温泉に入っていますw
営業猿か?と思うほどおとなしいしちゃんとカメラに顔を向けてくれますwww




渋温泉スマホ024_R
渋温泉スマホ026_R
渋温泉スマホ023_R
DSC_0068_001_convert_20130226163028.jpg
渋温泉スマホ020_R
渋温泉スマホ022_R
渋温泉スマホ027_R
ね~、気持ちよさそうに入っているでしょ~w
よく見ていると、温泉に入ったり出たりを繰り返しています


DSC_0075_convert_20130226192454.jpg
特に子猿は雪のなか遊びまわっていましたw



DSC_0070_convert_20130226192627.jpg
ひとっ風呂浴びて毛づくろいしているサルもいましたw
それにしても温泉のおかげですかね~
毛がフワッフワですw


DSC_0072_convert_20130226192528_20130226193615.jpg
なんか、温泉には入らずにずーっと飲んでるサルもいましたよ


さて、帰りのシャトルにあわせてそろそろゆっくりと下山します。


渋温泉スマホ030_R
この人型になっているところ
大柄の外人さんが人拓をとっていましたww
オーストラリアからいらしたらしく雪で戯れてました
楽しそうで何よりですw


渋温泉スマホ031_R
途中の山小屋の中は休憩ができるようになってます。
歴代のトップの写真がありました。

面白いことも書いてありましたよ
ここのサルたち全員が温泉が好きなわけでは無いようです
温泉が嫌いなサルもいるらしく、絶対に入らないそうですw
そういえば、お湯ばっかり飲んでるのがいたなぁww

それと意外だったのが
ここのサルたちはえさが豊富にあってボス争いがないそうです。
管理されている方でしょうか、一度も見たことがないと言い切ってましたw

力をつけた若いサルがボスに挑んでその座を勝ち取る!みたいなのは
厳しい自然の中にあるサルたちだけなんですね~

ということは、小屋に貼られている歴代一位のサルたちは
なんとな~くトップになっちゃった的な感じなんですかね~w

山小屋には他にもサルの標本や剥製もありましたw



渋温泉スマホ032_R
この小屋ちょっと高いところにあるんですが
この角にたってしたの地獄谷温泉をみると・・・
男湯がまるみえですw
さすがに撮る勇気はありませんでしたw



さて、ゆっくりと遊びながら下山したんですが
帰りのシャトルの時間の10分前ぐらいに下りてきてしまいましたw
1時間40分制限でちょっと心配しましたが十分楽しめますね~
短すぎず、長すぎず。ちょどいい時間だと思います。

野猿公苑!なかなか楽しめました♪



貂区クゥ豕峨せ繝槭・005_R_convert_20130226210000

さぁ、チェックインの時間です
そろそろお世話になるお宿に向かうことにします。



[次回に続きます]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは(*^_^*)

渋温泉
いいところですよね~♪
私も何度か日帰りではいってますけど
泊まりではまだ行ったことがありません^^;
どんな宿で豪華な食事がでてくるのか
続きが楽しみです(*^_^*)

>ピンチョロさん

こんばんわ~

ホントにいいところです♪
俺も泊まりは今回初めてだったんですが
大満足の旅になりました(^o^)/
詳しくは次回に書きますが、泊まり最高ですw

また、9月の中旬ごろに泊まりでいこうかと思っていますが
ご一緒にどうですか?ww

No title

再会♪ 復活?

冬の温泉旅行、えぇっすね~♪
うちはデリカがなくなってから雪のシーズンはおとなしくなりました
この猿たちと一緒に入ることはできないんですかね?
それとも、他の人用温泉に猿が入ってくるとか?

No title

ご無沙汰しとります。^^;

昔、渋温泉のすぐ下の湯田中からロープーウェイでごりん高原ってスキー場に良く行ってました。バブルの真っただ中のスキー場が混み混みだった時にそこはいつも空いてたんで、超穴場だったんですよ。^^;

温泉猿も見に行ったけど、お金取られたっけ?どうだったか記憶にないです。

その頃は猿と一緒に温泉に入れて、一緒にまったりしたものです…ウソです。^^;

でも、気持ち良さそうに温泉に浸かってる猿見ると一緒にがいりたくなりますよね。(^_^)v

>むらさん

こんばんわ~

まだ積雪もあるのでバイクの始動はまだですが
仕事のいそがしさは落ち着いたので
近間ならお出かけできるようになってきましたw

実は野猿公苑のこの温泉は意外とぬるいんですww
すぐ近くの「地獄谷温泉 後楽館」なら
露天風呂でサルと一緒に入ったことある人もいますね~
カモシカも近くまで来るようなので楽しそうです♪

>蒼海さん

こんばんわ~

湯田中温泉もいい雰囲気のところですよね~
まだ、泊まったことないですが渋にも近いので行ってみたいです(^o^)/

公苑には入場料がかかりますね~
一般500円 子供250円ですσ(^_^;)

>その頃は猿と一緒に温泉に入れて、一緒にまったりしたものです…ウソです。^^;
びっくりした!!wまさかあのぬるいお湯に・・・ww
でも、たしかにサルが気持ちよさそうに入ってるのを見ると
一緒に温泉に入りたくなります(^ ^)v

No title

ちょっと小分けに楽しませていただきます
ご了承下さいませ(笑)

>mamanさん

こんばんわ~

次回の温泉街のほうもお楽しみに~\(⌒∇⌒)/
ひなびた温泉街の雰囲気が伝わるといいんですけど・・・σ(^_^;)

どもどもです(^^)

meも先日、渋温泉行ってきたんです!
でもお猿さんの所へは時間の関係で、
行けなかったんです(:;)

あたろっちさんのレポを拝見させてもらって、
めっちゃ後悔しています。。
お猿さんやっぱ、見に行けばヨカッタです(*0*)

お宿、ドチラに行かれたんですか~?
続きが気になります☆

>すなこ。さん

こんばんわ~

すなこ。さんも渋温泉に行かれたんですね~
野猿公苑は残念でしたね~
小猿がめっちゃ可愛かったッスよ~
次回はぜひお勧めです♪

お宿は点在する外湯のほぼ中間!
こじんまりとした、まさに「おもてなし」の宿でした\(⌒∇⌒)/
すなこ。さんの渋温泉レポがすごく楽しみです!!
ブログの方にお邪魔させていただきますねm(_ _)m

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
ブログランキング
ランキングに参加しました
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ポチッとよろしく!
プロフィール

あたろっち

Author:あたろっち
初心者ですがよろしくです。
使うカメラもコンデジや携帯など
さまざまですので
見にくい所もあると思いますが
生暖かい目で見守ってください。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お楽しみに!
検索フォーム
天気予報
-降水短時間予報-
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Amazon おすすめ商品一覧