スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の娘(愛犬)の事

今回は、我が家の愛犬の事です。

しかも、病気のことになりますので
苦手な方はスルーしてくださいm(_ _)m






10月24日

今日は浅間山が初冠雪でした。
DSC_0155_convert_20121024223524.jpg

普段なら「いやー、今年もバイクに乗れないイヤな季節到来ですね~」

なんて感じで始まりたいんですが。

今年は、寒くなってきたのが少し救いに思えます・・・。




というのも、うちの愛犬の病気が悪化してしまった・・・
犬種はミニチュア・シュナウツァーの名前は「メリー」と言います


去年、前足に腫瘍が見つかりました。
しかし、獣医さんと相談し手術に伴う全身麻酔を懸念して
腫瘍の除去は諦め、経過を見つつ判断していく事にしたのです。

腫瘍自体は痛みを伴う事もなく、普通に歩行も可能でした。
しかし、それがついに限界を超えてしまったのです。



10月10日早朝
午前3:00頃だったかな?母親の「ちょっと起きて!」の声に飛び起きました。
一階に来てみると、メリーの腫瘍が自壊していました。
自分で噛んでしまったのか、自壊したものを舐めたのか分かりませんでしたが
口の周りも足も血だらけ・・・。
痛がったり、鳴いたりはしていませんでした
仕事から帰った父親が発見したときにはもうその状態だったそうです。

とりあえず、自壊した腫瘍をそれ以上舐めないように処置して
動物病院に連れて行きました。



診察と処置をしてもらい今後のことを獣医さんと話します。
まずは、自壊した腫瘍の止血はうまくいったとの事
しかし、このままではやはりどんどん自壊していき
膿んだり、出血を繰り返すと言われました。
夏じゃなかったのが幸いでした。
すくなくても、化膿しにくいし虫も寄ってきませんからね。


その後、精密検査をしてもらい現状を調べてもらいました。

img005-1_convert_20121024223121.jpg

エコーや血液検査、レントゲンなどで徹底的に調べてもらい説明を聞きます。

前足の腫瘍以外、血液や心電図、その他数値に特に異常は見られないとの事。
しかし、レントゲンで脾臓に腫瘍らしき影がみえるそうです。
実際レントゲンで見せてもらいましたがちょこっと丸いものが見えました。


そこからは、どうするかという話です。

まずは腫瘍が何なのか、良性か悪性かを見極める事が第一歩。
針のようなものを腫瘍に刺しての検査を試みますが
どうやらこの腫瘍は血瘤のようで数回やってもらいましたが
血の成分しか出ませんでした。

すると残された検査方法は腫瘍の一部を切り取り、病理検査に送る事だけ。
これをやらない事には今後の対応が決まりません。

たとえば、良性の腫瘍ならば深く抉り取るように切除して皮膚を縫い合わせる方法。
これが、悪性ならば切り取っても皮膚が付く事はなく血の通わない部分は壊死してしまう
また、取り残しの無い様に安全な部分まで切り取らなければならずセーフティマージンを含めると
残る皮膚が無く、断脚という措置も視野に入れなければなりません。

この話を聞いていてふと思ったんですが、
病理検査に出す為に一部切り取られた腫瘍はくっつくのか?
と疑問に思い聞いてみました。

獣医さんいわく、悪性ならばくっつかない可能性のほうが大きいとの事。
しかし、すでに自壊をはじめているのですでにそれは同じ事と思い
病理検査をお願いしました。


DSC_0120_convert_20121023225524.jpg
精密検査で押さえられたり検査のため一部切り取られてよっぽどイヤだったんでしょう。
病院から帰ってくるとき、車の中で「アワワンアワワアワアワ」と文句ひゃくまんだらこいてましたw
ちょっとその元気さに安心しました。
家に着くなり爆睡してましたけどσ(^_^;)イビキまでかいて、まぁ・・・w



さて、病理検査に一週間ほどかかるとの事で
洗浄液と抗生物質をもらい、包帯やガーゼを用意。
結果が出るまで傷口消毒、包帯交換の毎日です。



10月14日 自分で包帯を噛んで外してしまい処置に病院へ、ついでに消毒用イソジンも処方。

10月16日 洗浄液が期限なので診察もかねて病院に。

10月22日 やはり洗浄液の期限と病理の結果を聞きに。



病理検査の結果

img006-1_convert_20121024223249.jpg
img007-1_convert_20121024223337.jpg

結果はやはり悪性腫瘍・・・。


病名は「血管外膜細胞腫」


毎日の包帯交換で傷口を見て、うすうすはそう思っていましたが
やはり実際に言われるとキツイ結果となりました。

文章にある良性・悪性境界領域というのは
腫瘍細胞が未分化な間葉系細胞であるために、
一般的な良性、悪性の分類基準に当てはめることができない
(良性の血管外膜細胞腫という診断名は存在しない、
言い換えれば悪性の血管外膜細胞腫という診断名も存在しない)からだそうです。

外科的な切除以外に有効的な治療法は示されてなく
腫瘍コントロールと延命には放射線療法が効果的な場合があるようですが
化学療法の効果はないとされています。

つまり、抗がん剤が効かない・・・。

そして、この腫瘍の恐ろしい事は極めて高い再発率。
しかも、繰り返し再発するようです。
転移はあまりないのようですが、取り残しや再発の場合さらに悪性化
いまだ、不明な点が多い腫瘍だそうで
四肢の関節に発生することが多く、多発性浸潤性に発生することもあるとの事。

つまりは断脚も一時しのぎにしかならず
ほどなくもう片方の足や脇に多発性だったり浸潤性のものが出てくる可能性がある・・・。


もうね、どうすりゃいいの?って感じ・・・。
本人(メリー)にとってどうしてあげりゃ一番幸せなのか。

もっと、早くに切除してればよかったのか?
しかし、早くても再発に苦しんだんだろうか?

このまま、断脚せず最後まで一緒に過ごしていくのがいいのか?

獣医さんは転移もありえる事、CTで検査しないと分からないと言います。
しかし、
「CTを撮るには負担をかけないように一度がベスト。
つまりは、CTを撮るならば一緒に断脚したほうが負担を減らせます
このまま、包帯を交換しながら過ごして
もし、大量の出血の可能性や化膿での匂いが酷くもなり、グロさも増してくると思われます。
一緒に暮らす人たちに負担となるなら
一時しのぎ的に腫瘍を一部切りレーザーで焼いて処置というのもできます。
・・・ですが、本人(メリー)にとってそれが意味のあることなのかな?
断脚したからといって、すっきり治るという事もありません。
仮に肺やほかに転移があるなら断脚もしないほうが本人のためだと思います。
今すぐに処置しなければならないという方法は無いので
ゆっくり決断されるのがいいと思います。」だそうです。

親父と俺と一緒に話を聞いたんですが・・なんだか安楽死をチラつかされているような・・・。
考えすぎかな?この獣医さん院長さんですが本当に本人(メリー)の為を思って診てくださっています。
俺が行っている動物病院は院長さんの他に獣医さんが5人、看護士さんが5人います。
そして、受持ちを持たず全員で一匹を診てくださるので
さまざまな意見や提案が聞けます
いつ行っても獣医さん全員、看護士さん全員がメリーの症状のことを分かってくださっているので
ほんとうに頼りになるし、安心して任せられます。
女性の獣医師さんに包帯交換など
家でも処置したいと申し出たときも「できればやってあげて下さい。」と、止血方法や手順を
分かりやすく一緒に処置してくださいました。

でも、だからこそもしかしたら・・・・。
そんな気がしてしまいます。

今度、洗浄液が期限がきたら院長にはっきり聞いてみようと思っています。
「本人に一番いい方法をズバリ言ってください」と。




・・・・・・どうすりゃいいのか悩みまくっています。





本人はと言うと


DSC_0129_convert_20121023225928.jpg
こうやってPCの前に寝てますw

この場所がけっこうお気に入り♪
何故かって?そりゃ俺のそばが一番だから♪

って言いたんですが、理由はこれ↓
DSC_0131-1_convert_20121024223030.jpg
PCデスクの下のセラミックヒーターですw
ひょこひょことびっこ引きながらですが、けっこう動きます。


DSC_0140_convert_20121024221823.jpg
包帯を取ってしまわないように監視の目があるときは
カラーを外してあげます。
気にはなるようですがやはり痛みはなさそうで・・・
あっ!ちなみに赤いのは包帯の色で血ではないです。


DSC_0138_convert_20121023232347.jpg
頭をあぶったり、背中をあぶったり、ケツをあぶったりww




DSC_0152_convert_20121024222709.jpg
こんなんなって甘えてみたり





DSC_0016_convert_20121024222324.jpg
分かりますか?座椅子の上で伸びきって、クッションを3個枕にして寝てますw


まったく、俺や家族はこんなに悩んでいるのに・・・w
だまっていても飯は持ってきてもらえるし
トイレも連れてってもらえるもんだからって甘えてやがるな!!w




今は親父や母親も妹もかみさんもチビも皆で協力して看病しています。
でも、再発覚悟で断脚をして一時的にでも過ごすのか
または、このまま腫瘍を毎日処置しながら少しでも長く楽しい時間を作ってあげるのか

そして、肺の転移や断脚後の再発時に苦しんだら決断しなければなりません。
まだ、今後の措置については悩んでいますが

どちらにせよ、このまま見捨てる事なんてできません。
毎日包帯交換しながらしっかりと観察して家族みんなで決めていこうと思います。

少しでもいいと思われる事はやってみます。
とりあえず、抵抗力をつけるサプリメントを買ってみました。

本人もまだまだ元気っていうとおかしいかな?
お姫様のようにわがままし放題でいますwww

痛みが無いのがせめてもの救い・・・。

包帯交換は俺の仕事!

そして、家族みんなでこのわがまま娘に楽しい時間を作ってあげようと思います。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

にゃんだふる☆

I41lfs32
マジで真剣!!
ご主人たま募集中☆★
http://MOh0yR24.mc.winmu.org/MOh0yR24/

No title

う、、、ん

天さんとこのディアス君

うちに家族皆さんでホタル鑑賞に来られて

「足を痛がってるんよ」

うちの嫁さんや子供達も

ディアス君のツルツルしたお顔が

すっごい可愛かったのに

そのあとはご存知のとおり

No title

こんばんは~
むらさんファミリーにも可愛がってもらったディアス君。
病気の種類は違えど、とても大変でした。
何度も何度も家族で話あって、家族みんなが納得行くまで話し合いました。
病状も考え積極的な治療はせず、痛みどめの投与のみ。
最後までみんなで世話して看取りました。
私にとって子供というより親友のような存在でした。
ものすごく悲しかったけど、後悔はありません。

どんな方針だろうと、家族みんなでしっかり話し合って
お世話してあげてください。m(__)m

>むらさん

コメありがとうございますm(_ _)m

ディアス君の背中にホタルのイルミ
あのときの記事はよく覚えていますよ~

現状ではこれという治療は無く、その都度決断を迫られる事になりそうです。
俺も後悔の無いように、そして楽しい時間を作ってあげるようにしたいと思います。

友人に「そこまで見てあげたなら、あとは自然のままで」と、言われました。
俺も本人が苦しむような治療なら避け、自然のままにしてあげるのがいいかなと思います。
たぶん、俺自身、自分の中では受け入れている部分もあると思っているんですが・・・・
う~ん、どう判断したらいいのか悩んでいますσ(^_^;)

俺の性格上、はっきり言われたほうが方向性が定まるんですけどね~
今は、傷口を監視しながら他の病気にならないようにケアしていこと思います。

>天さん

コメありがとうございますm(_ _)m

ディアス君のこと俺も悲しかったです。
チビが3歳の時にうちにやってきて13年。
娘のように一緒に暮らしてきました
この子に今、何が一番いいのか・・・σ(^_^;)
実は記事には書いていませんが後ろ足の付け根に
しこりがあるんです、これが同じものなのかどうかは
検査していませんが、前足の腫瘍とほぼ同時期に見つけたものです。

やはり、苦しむような治療は避けたいので
このまま楽しい時間を作ってあげたいと思っています。
傷口を監視しながらケアしてあげて、いろいろ決断していきます(`・ω・´)ゞ


No title

最後が抜けてました

最後までご家族みんなでかわいがってあげてください

うちも犬とネコの両方がおるから人事ではないです

>むらさん

ありがとうございます(^ ^)v

家族も皆、看病に協力してくれています
なるべく苦しむような治療は避け、ケアしながら見て行こうと思っています

ワンちゃんやネコちゃんの寿命。
分かっているんですが、すこしでも長く一緒にいたいと思うのは誰でも同じだと思います。
言葉が話せない分、異常の発見もその時々の判断も決断も難しいものですねσ(^_^;)

後悔の無いように最後まで精一杯お世話して、楽しい時間を一緒に過ごしてあげます。

No title

わんちゃんのご病気辛いですね…

うちの猫が腎不全になったとき、
嫌がってるのに無理やり注射して延命するかどうかで
家族と意見が割れたりしました。
動物はしゃべらないから、その子がどうして欲しかったのかわからなくて辛かったです。

あたろっちさんたちとわんちゃんが、少しでも長く楽しい時間を過ごせますように。

>ソラネコさん

ありがとうございますm(_ _)m

そうですね、うちでも意見が割れてます。
仰るとおり、喋れない分どうしていいか分からないし
何がその子のためになるのか悩みます。

メリーも素人の俺にケアされることに慣れたのか
消毒して包帯を巻きなおした後はすっきりするのか
超リラックスして寝ますw
今すぐにどうなる事も無いし、今すぐしなければならない処置も無いそうなので
ゆっくり経過を見ながら決断して行こうと思います。
甘やかし過ぎないように、楽しい時間を一緒に過ごしてあげたいです(^ ^)v
ブログランキング
ランキングに参加しました
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ポチッとよろしく!
プロフィール

あたろっち

Author:あたろっち
初心者ですがよろしくです。
使うカメラもコンデジや携帯など
さまざまですので
見にくい所もあると思いますが
生暖かい目で見守ってください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お楽しみに!
検索フォーム
天気予報
-降水短時間予報-
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Amazon おすすめ商品一覧