スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み最終日 タンデムツー

さぁ、今日はタンデムツーです。

内山からR254で下仁田までびゅ~ん♪


道の駅 しもにた
DSC_0021_convert_20120918123231.jpg
何度もお世話になってますww




当然の儀式
DSC_0023_convert_20120918123518.jpg
神津牧場のウマウマソフトです~


この日も焼きまんじゅうやみたらし団子のお店はお休み?
う~ん、やっぱり暑いので売れないんでしょうかねぇ~?






R254からR46に入ります。





道の駅 甘楽
DSC_0024_convert_20120918123600.jpg
いつもは気持ちよ~く通り過ぎるんですが休憩してみます。





儀式第2弾です♪
DSC_0038_convert_20120918125300.jpg
DSC_0040_convert_20120918125412.jpg
地元産牛乳を使用しているそうです
甘みの抑えられたさっぱりバニラで牛乳の美味しさが際立ちます。
俺好みのシルキーな口当たりの美味しいソフトです♪




この道の駅の裏には無料の休憩所があります。



松井家住宅
DSC_0037_convert_20120918125208.jpg
この建物は、甘楽町大字小川において、江戸時代に名主を務めた松井家を移築復元したものだそうです。
建築年式は十八世紀から十九世紀初頭(江戸中期)と推定され、
この地方の農家造りとして古い建築手法をよくとどめていて
構造は、木造、平屋建、寄棟造、草葺です。

・・・それを無料休憩所にしちゃっていいのかな?w




DSC_0033_convert_20120918123821.jpg
あがりこんで休憩できますね~
鎧がおいてあったりいい感じの机がいいですね!





DSC_0035_convert_20120918125128.jpg
なぜか、御神輿があんなところにおかれてますwww





DSC_0029_convert_20120918123901.jpg
たくさん古いものがあります♪
テンションあがりますね~





DSC_0030_convert_20120918152159.jpg
馬小屋もありますが、さすがに馬はいませんね~






DSC_0043_convert_20120918125621.jpg
このあたりは城下町のようです。
見所がたくさんありますね~
中でも国指定の名勝「楽山園」に行ってみましょう。




甘楽郡甘楽町小幡の概要

鎌倉時代から戦国時代にかけて、豪族・小幡氏の根拠地として栄える。
1615(元和2)年に織田信長の次男、織田信雄が上州小幡2万石及び大和国宇陀郡3万石が与えられ、
8代152年にわたり織田家が支配した後、松平氏が入封し明治維新を迎える。
そして、1959(昭和34)年に小幡町・福島町(一部富岡市に合併)・新屋村が合併し、
現在の甘楽町が誕生した。






DSC_0044_convert_20120918125710.jpg
駐車場にバイクを止めて、受付で観覧料(大人300円)を支払います。





DSC_0048_convert_20120918160747.jpg
道中祈願、無病息災の無患子をもらいました~♪





img003_convert_20120918161747.jpg
園内はけっこう広いですね~




楽山園
DSC_0047_convert_20120918130430.jpg
「知者ハ水ヲ楽シミ、仁者ハ山ヲ楽シム」と書かれています。






DSC_0051_convert_20120918130716.jpg
園内の看板には

小幡藩楽山園は、江戸時代に織田氏によって造られた大名庭園です。
楽山園という名前は、「知者ハ水ヲ楽シミ、仁者ハ山ヲ楽シム」という『論語』の
一文から名づけられたと言われています。
藩邸には土塁・からほり・石垣や板塀などがあり、内郭と外郭によって成り立っています。
庭園は園池を中心とした回遊式庭園で、滝口・中島・枯滝・茶屋が主要な構成要素となっています。
楽山園の西側にある雄川を挟んで、紅葉山、連石山、南に熊倉山などの山並みを借景として取り込み
豊かな広がりを演出しています。
整備は、絵図や文献資料、発掘調査の成果などを元に復元的整備を行っています。

と、書かれています。

フムフム、名前の由来・・・
水はどこいった???

ちなみに、俺のような放蕩者ハ色ト味ヲ楽シミマス。Ψ(`∀´)Ψケケケ



しかし、この庭園は織田さんが造ったんですね~
築庭は織田信長の次男である織田信雄さんだそうですが

パパもここにいらしたことがあるんでしょうか?
e5c25af1eec35088e88b1e008d2bb944-240x300.jpg
戦国BASARAより




まぁ、パパが来られたかどうかは別として織田宗家ゆかりの大名庭園です。




庭門
DSC_0053_convert_20120918130845.jpg
さっそく自慢の庭園に行ってみましょう~♪




繝代ヮ繝ゥ繝・4_convert_20120918142754
庭広っ!



DSC_0060_convert_20120918131004.jpg
左の建物が「腰掛茶屋」、右の建物が「梅の茶屋」です。
池の水は、いまいち綺麗じゃないですね~
でも、鯉がたくさん泳いでいました。




DSC_0063_convert_20120918131203.jpg
なるほど、たしかに腰掛ですねw





DSC_0065_convert_20120918131249.jpg
梅の茶屋には上がりこむことができます。





DSC_0066_convert_20120918131813.jpg
殿様、姫様には程遠い俺たちですがσ(^_^;)
まぁ、庭園を眺めてみましょうかね~





DSC_0068_convert_20120918194357.jpg
こじんまりとした空間ですが、なんだか不思議に落ち着く感じがしますw
気温はすごく高いんですが、涼しいと言うか、さわやかと言うか、
とても居心地がいいです。




DSC_0080_convert_20120918132138.jpg
庭園の裏のほうでは和弓を引いていましたw
和の武道って好きです。
剣術でもありますが、あの「残身(心)」っていいですよね~





さて、庭から御殿のほうに行ってみます。


DSC_0083_convert_20120918133252.jpg
DSC_0082_convert_20120918195755.jpg
藩邸はもうありませんが、分かりやすく分けられています。




DSC_0081_convert_20120918200723.jpg
こ~んな風に部屋ごとに書かれていますw




拾九間長屋
DSC_0093_convert_20120918132229.jpg
茅(かや)ぶきの木造平屋建てで、
延べ床面積二〇二平方メートル。
長さ三五・八メートル、幅五・六メートルで高さは六・九メートル。
内部はいくつかの部屋に分割され、藩邸の使用人たちが暮らしていたそうです。

この建物は復元されたものなんです。
外観は当時の様子が記されている陣屋絵図(一七六七年)などの資料を参考に、
たたずまいを可能な限り正確に復元したそうで
内部は居住空間の一室を再現した畳敷きの展示室や、土間を設けた。
多目的室は壁に天女や七福神などの絵の装飾を施しており
なんと、プロジェクターと音響設備が装備されているそうです。
町の歴史や同園の建築の経緯などを紹介するガイダンス機能を果たしているそうですよ~




この甘楽小幡はまだまだ見所があるようです。
大きな〇〇だけの仏様とか、織田宗家の・・・
と、ここで説明するよりも

『ピンチョロ雑記帳』
ブロ友のピンチョロさんが詳しく書かれています。
風情のあるところだとよく分かりますよ~

俺も甘楽町の町並みなどもっとゆっくり散策したかったんですが
次の目的があるため時間に余裕が無く「楽山園」だけしかみれませんでした。
甘楽町小幡、桜の季節にでもゆっくりと歩きたいです。




さて、甘楽町を後にしてR46の塩沢峠を抜け、R462に出ます。
そこから、R71で埼玉県秩父方面に向かうと・・・。

ツーマップに出ているココ↓
DSC_0103_convert_20120918132805.jpg

そして、時間がないと言うのは営業時間が11:00すぎ~13:30頃まで、 17:00~18:30まで!
昼食としていただきたいので、なんとか13:30までに着きたかったのですw




安田屋さん
DSC_0102_convert_20120918132558.jpg
この写真を撮ったのが13:08分。
間に合いましたね~
ちなみに、待っているお客さんは3組でした。




DSC_0101_convert_20120918132459.jpg
裏路地でこじんまりとしたお店。
このあたりにはわらじかつを他のお店でもやっているようで
何軒もわらじかつの文字を見かけます。
しかし、この安田屋さんがいちばんの老舗らしく
ライダーにも人気があるようです。


DSC_0111_convert_20120918133357.jpg
5~6分の待ち時間で入ることができました。
入り口の一番端の席に座って店内はこんな感じです♪
ぎっちり座って15人ぐらいでしょうか。



DSC_0110_convert_20120918133206.jpg
さっそく、わらじかつ丼を注文します。





小鹿野わらじかつ丼
foodpic2701661_convert_20120918142554.jpg
厚さ5mmぐらいのロースカツが2枚乗っかってます♪
肉食獣の俺としてはもっと分厚くてもいいような気がしますが
ひと口食べてなるほど!!
少し濃い目の醤油だれにサクサクの衣の程よい食感!
お肉の味もしっかりと感じることができ、美味しいです。
さらに、この醤油だれのしみたご飯がうまいうまい。
チビが知ったら、きっと羨ましがること間違い無しですw



安田屋さんのわらじかつ丼に満足ですが
こりゃ他のお店のも食べてみたいですね~
かつ丼のハシゴをしようと思ったんですが
かみさんからNG・・・Orz

仕方ないッス、次回の楽しみにしておきましょう。






お腹いっぱいになったので、ここから
R299をダァーーーーっと走って

先日ソロツーで来た
恐竜の足跡の前を過ぎ
キャッキャウフフの滝を華麗にスルー。

再び訪れたのは~


ここ~~
DSC_0187_convert_20120918141657.jpg
スカイブリッジです!
でも、かみさんは真顔で「無理!」とのこと・・・
まぁ、俺は前回渡ったからいいしw



ということで、今日はこっち。
DSC_0125_convert_20120918133817.jpg
上野村ホームページより抜粋


不二洞

洞内の延長2.2km、関東一の規模を誇る鍾乳洞。
鍾乳石の大きな柱がそそり立つ大殿堂や、やっとくぐりぬけられる小さな支洞など、
光に照らし出される奇観には思わず息を飲む。
400年前、吉祥寺の僧が探検したことから、洞内45か所には仏にちなんだ名称が名付けられている。
所要時間1周約40分。





たぶん、足の調子も大丈夫だろう・・・。
行ってしまえば何とかなるでしょうww




DSC_0119_convert_20120918133525.jpg
受付で大人600円を払って洞窟の入り口に向かいます。




DSC_0128_convert_20120918133938.jpg

DSC_0130_convert_20120918134051.jpg
不二洞の入り口まで、何気に距離があります。
しかも、上り坂のみσ(^_^;)



不二洞 入り口
DSC_0133_convert_20120918134242.jpg
ここまで来るのにすでに汗だくですw



さて、洞窟内はこんな感じ♪
3_5.jpg


さっそく行ってみます。




扉を開けて・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ
DSC_0137_convert_20120918134337.jpg
このトンネルも上り坂・・・Orz
涼しいはずなのに汗だくですw




DSC_0138_convert_20120918134509.jpg
登りのトンネルを抜けると今度は螺旋階段・・・。

きつい!きつすぎる!!
螺旋階段を登り終わる頃には
目は回るわ、ぜ~は~ぜ~は~するわ
体力をガッツリ持ってかれますσ(^_^;)
気温が低くて涼しいはずなのにタオルが汗でだくだく・・・。



登り終わるとベンチが用意されていますw
ひと休みしてようやく写真を撮る気になりますwww



DSC_0141_convert_20120919194549.jpg

DSC_0145_convert_20120919194753.jpg

DSC_0149_convert_20120918134700.jpg

DSC_0147_convert_20120919194854.jpg
いい感じの明るさですw
足元もはっきり見えるし、明るすぎず雰囲気もばっちりです。





DSC_0153_convert_20120919195038.jpg
暗いところでこんな感じ~

同じところでフラッシュ使うと↓
DSC_0154_convert_20120918135014.jpg
けっこう入り組んでいますね~




DSC_0157_convert_20120918135335.jpg
こんな風にしゃがんでくぐらないとならない所もあります。




DSC_0159_convert_20120918135614.jpg
DSC_0158_convert_20120918135456.jpg
「三途の川」「脱衣所」と言ったら♪


奪衣婆~~~
20080317_022pkb.jpg
俺の衣はきっと超重量級だろうなぁ~
いったいどんな処遇になるのかw
まぁ、六文銭持っていけば問題ないんですけどね~

おっと、脱線してしまったww




閻魔の金剛杖
DSC_0161_convert_20120918135739.jpg
七度触ると、心配事、悩み事が去り
願い事がかなうそうです。




DSC_0165_convert_20120918135905.jpg
DSC_0169_convert_20120919195213.jpg

DSC_0171_convert_20120918140223.jpg

DSC_0174_convert_20120918140357.jpg

DSC_0177_convert_20120918140107.jpg

DSC_0178_convert_20120918140711.jpg


空穴まで見て周り引返して出口~
DSC_0180_convert_20120918140819.jpg




出口は展望台のようになっていて
ベンチもあり灰皿も用意されています。



かなりの高台にあって下をのぞくとこんな感じです。
DSC_0181_convert_20120918140934.jpg



DSC_0183_convert_20120918141207.jpg
DSC_0184_convert_20120918141315.jpg
帰り道は何気に楽しいですよ~♪
〇〇と煙は高いところが好きです♪




いや~、この不二洞をまわって見てよく分かりました。
この帰り道は実は入り口のトンネルの前に出ます。
しかも、受付で料金を払ったら、後はカウンター横のドアから出れば
ほったらかし、行きの途中で
「入場券も無いし、入り口に係りの人もいないし、何回もまわれるじゃん」
なんて思っていたんですが、いやいや・・・納得です。

まず、2週もしようと思いません!


不二洞・・・名前も納得。

「もう、二度と来ないであろう、洞窟。」で、「不二洞」
                                             ※俺的解釈ですww



と、言うのは冗談(半分)ですが、マジで疲れました~
日ごろの運動不足と体重を真剣にどうにかしようと思わせるところでしたw




さて、そろそろ帰ることにします。




R299からR124へ、またもやぶどう峠を通ってかえります。
峠の頂上付近でものすっごく怪しい雲が・・・・・。


北相木に入ってやっぱりきましたσ(^_^;)
DSC_0009_convert_20120918143444.jpg
DSC_0012_convert_20120919211517.jpg
DSC_0013_convert_20120918143730.jpg
ゲリラ雷雨ってやつですかね~
バケツどころかタライをひっくり返したように降ってます。

さすがにこの降りの中、合羽着て走る気になりません。
ぱっと目に入った農協の精米所の駐車場にスベり込みます
イップクしながら雨宿りですw



DSC_0016_convert_20120918143849.jpg
DSC_0017_convert_20120918143940.jpg
まるで滝ですw


このあと一時間ほどして雨も止み、何とか夕飯までには帰る事ができましたw






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

精力的に儀式してますね~。自分は少しサボり気味です。^^;

わらじかつも美味しそう。その薄さに味が有るんですね。これはメモしとかねば…と思ったら、誰かの記事に有ったのか、既にメモって有りました。^^;

不二洞も面白そうです。洞窟好きなのでここもメモです。けど、登りばっかみたいなので運動不足と体重をどうにかしてから行かねばなるまい。^^;

お疲れ様です!

どもどもです(^^)
めっちゃ楽しそうなタンデムツーリングですね♪

meはもう1つの安田屋に、お昼に行ったことあるんですが、
食べ切れず、お持ち帰りさせてもらって、
その日の夜ご飯も、わらじかつでした(^^;)
でもまた、食べたいです~♪

不二洞meめっちゃ好きです!
めっちゃ見応えあって、橋も迫力あって。
でも2周はさすがにキツいですよね(爆)

儀式も行われてて、羨ましいです(^▽^)

姫様気分♩

楽山園、いい所ですね〜(*^o^*)
なんだか岡山の後楽園を思い出します。
茶室から眺める景色はなんとも贅沢ですね♩昔のお姫様が羨ましい〜。
秩父周辺にはまだまだ私の知らない場所がたくさんありました。

不二洞

最近では御巣鷹山の帰りに寄りましたが、
今から30年以上前に不二洞が発見されて、
お客さんを入れ始めた時に行ったことがあります。
今の入口のトンネルやらせん階段はもちろんなくて、
出口からの木の橋の代わりに、岩場を鎖につかまりながら
出口から往復して、中も真っ暗だった思い出があります。

楽山園ではお姫様が庭を見てますね。

こんばんは(^o^)

楽山園
中に入らなかったから今度行こうと思ってましたが
あたろっちさんの記事で満足してしまいました(^o^)
私の記事を紹介していただき恐縮です^_^;
わらじカツ丼
次回はここhttp://tabelog.com/saitama/A1107/A110701/11019239/
にチャレンジしてみてください(^o^)丿

No title


      あれっ!?
      髪の長い方やと思ってました

「松井家住宅」の自由使用に近い休憩所にちょっとビックリ
めいっぱい楽しませてもらって・・・  ありがとうございまっす
少しずつメモしていましたが、ここでまたドッと大量  
一度じゃ控えきれません    無理です(苦笑)


      風邪引きませんでしたか?

>蒼海さん

こんばんわ~

暑いときの儀式は格別に美味しいですよ~w
カキ氷と迷うときもありますがw

わらじかつは他のお店でも提供しているようです
食べ比べてみるのも面白いッスよね~
やってみたかったんですが、ソロツーのときにやってみます(^0^)ノ

不二洞は運動不足にはこたえますσ(^_^;)
螺旋階段がガッツリ体力を奪いますよ~
ぜひ、驚愕の2週に挑戦お願いします(^ ^)v

>すなこ。さん

こんばんわ~

日野田のほうのお店ですか?
そちらのほうのお店もおんなじ感じなんですかね~
食べ比べてみたいッス(^0^)ノ

不二洞はすなこ。さんもいらしたことあるんですね!
やっぱり2週はする気になりませんよね~
橋は大好きなのでテンションがあがりまくりですww
来年あたりは橋の先のまほ~ばの森でキャンプでもしてみようかと思います(^ ^)v

>ビバ♩やきまんじゅうさん

こんばんわ~

楽山園の庭は広いし、茶室も居心地よかったです
水がもうちょっと綺麗だったらもっと素敵になると思うんですけどね~
しかし、高台からの庭の眺めはとてもよかったです。
そよそよ~って気持ちのいい風も吹いて意外と涼しかったですw

俺も近間で知らないところがたくさんあります。
いろいろアンテナ張って情報収集からはじめたいと思います(^ ^)v


>ふさじろうさん

こんばんわ~

不二洞はトンネルや螺旋階段が無かったんですか?∑(・ω・ノ)ノ
岩場を鎖で渡ったりってのも面白そうですが
今以上に体力が要りそうですね~
ワイルドな洞窟探検も楽しそうで憧れます。

楽山園はやはりきちんと整備されていてとても綺麗でした。
昔のお殿様も、姫様と庭を眺めていたんでしょうね~
少しだけ雅な空間に浸ることができました(^ ^)v

>ピンチョロさん

こんばんわ~

楽山園に奥様とご一緒にぜひお出かけください(^0^)ノ
俺も長屋のほうには入らなかったので、またゆっくり散策したいと思っています。
ピンチョロさんの記事にあった仏様も見てみたいし。

うおぉぉぉぉぉ!そんなに凄いわらじかつ丼があったんですね~!!
これはぜひ挑戦してみなければなりますまい!!
さっそくツーマップにメモしておきますc⌒っ゚д゚)っφ メモメモ...

>mamanさん

こんばんわ~

うちのかみさんは伸ばしたり短くしたりしょっちゅう変えてますww
もともとは短いほうが好きみたいですw

「松井家住宅」は自由に休憩できますよ~
展示されているものも、昔使用されていたものが土間に置いてある感じ♪
こちらにいらっしゃる時はぜひ、声をかけてくださいね~
もちろん、ご一緒させていただきます(^ ^)v

突然の雨でしたが、とっさに目の前のJAにお世話になりました。
一時間ほどの雨宿りもゆっくりと過ごし、雨のにおいに包まれて
涼んでいたって感じです(^0^)ノ

タンデム

あたろっちさん 今晩は

奥さんとタンデムツーで、とても素敵なツーの感じが伝わってきましたよ。
そういえば、私も全然女房とタンデムしていないな~
あたろっちさんのレポで行きたくなりましたよ。
そして、こんなゲリラ雨も良いものですね。
臭いが・・・そんな感じがとても良く分かります。
洞窟もそちらに行った時は寄らせてもらいますね。(^^)

タンデム良いっすね!!

あたろっちさん。こんばんは。
お久し振りですww

嫁さんとタンデム、やっぱり良いですね(^_^)
僕も平日休みを使ってちょこちょこタンデムやってるんですが、
子供のお迎えがあり近場しか行けず・・・
時間があれば1泊してのんびり行きたいんですがねぇ~。
今後の楽しみに取っておきます。

それにしてもこのエリアも見所たくさん。
色々観光できそうな所がありますね!!
R254の途中まではわかったけど、ここらになるとサッパリ。
僕はまだ未開拓の地ですわ。
レポ読んでて行ってみたくなりましたよ。
夏は山に行った分、秋はハーレーで僕もガンガン走ります!!
まずはVibesですかねww

>ひろさん

こんにちわ~

久しぶりのソロツーの後のタンデムツーだったので
ちょっと、自由が少なかったですw
でも、ソロツーと違って話しながら走るのはやっぱり面白いですね。

ゲリラ雷雨w
とても合羽着て走る気になりませんでしたが
あの、焼けたアスファルトに雨が浸み込んでいく時の
独特な匂い、なんだか懐かしいような、落ち着くような、そんな感じがします。

不二洞は螺旋階段で体力を持っていかれますが
登りきってしまうとあとは楽、しかもなかなかいい雰囲気です。
スカイブリッジもオススメですよ(^ ^)v

>いずみさん

こんにちわ~

いずみさんの山の記事拝見しましたよ~
すっごいですね~、山の感じも景色も綺麗で
やっぱり登らなければ決して見られない最高の景色なんでしょうね~
山登りは俺もかみさんもやってみたいんですが
これ以上趣味を増やすわけも行かず・・・σ(^_^;)

もし機会があったらハイキングぐらいはお付き合いしたいと思ってます。

内山や田口峠付近はワインディングやダート好きなら楽しめると思いますよ~
さすがに攻めた走りはもうしませんが、ゆっくり走るのも楽しいです。

いずみさん岩手に行かれるんですか?∑(・ω・ノ)ノ
俺は仕事の関係もあってさすがに休みが取れそうも無く
今回は諦めますσ(^_^;)
当初の予定では金曜日に出発、途中で一泊、会場で一泊、翌日帰宅
で、行こうかと思ったんですがさすがに無理っぽい(泣)
代わりに、一部メンバーと浅草に行く計画を立てています。
ブログランキング
ランキングに参加しました
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ポチッとよろしく!
プロフィール

あたろっち

Author:あたろっち
初心者ですがよろしくです。
使うカメラもコンデジや携帯など
さまざまですので
見にくい所もあると思いますが
生暖かい目で見守ってください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お楽しみに!
検索フォーム
天気予報
-降水短時間予報-
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Amazon おすすめ商品一覧