スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩村田 祇園祭

佐久市周辺では7月中に、岩村田、野沢、臼田、小海、小諸市、上田市、東御市などで

「祇園祭」が開催されます。


2012gion_convert_20120723234330.jpg





この時期はお祭りが多いんですよね~
ほかにも、御代田の龍神祭りや、望月の榊祭りや、野沢の花火大会とイベント目白押しですσ(^_^;)



去年は小諸の祇園をレポしましたが、なんと今年は小諸と佐久でかぶっちゃいましたw
チビの高校の文化祭にも行ったのもありますがw
今年は佐久市岩村田の祇園祭に行ってみたいと思います。


さて、岩村田の祇園祭にはちょっと物語があります
それは、このあたりの城、大井城のお姫様にまつわるお話なんですが
数通りに物語が解釈されていたりするんですがそのひとつを紹介します。









お船様

むかし、岩村田の大井城の殿様にお船という姫がいました
このお姫様は、顔は不器量だが心はとても美しく優しい方だったそうです。
殿様や奥方様はじめ、お側の者達も小さい頃からそんなお船様を可愛がって育てられました。

「人は見てくれよりも、見えない心が大切。
 心を美しくすることが幸せのもと」

と、育てられたお船様でしたが、その見てくれのためいつまでも縁がなく
寂しく暮らしておられたそうです。



ある年、岩村田界隈に恐ろしいはやり病が広がりました。
次の年になっても、はやり病はいっこうに下火になろうともしません
人々は苦しみ、たくさんの人が亡くなっていきます。

お船様はそのことを、見るにつけ聞くにつけ、自分の事の様に嘆き悲しみました。



「この身を神様にささぜたならば、きっと病をなくし、
 苦しみや悲しみを取り除いてくれるだろう」

お船様はそう信じ、自らの身を捨てて人々を救おうと決心します。



ある日、お船様はこっそり館を抜け出し、近くを流れる湯川に沿って
川上の横根まで行きました。
そして、そこにある高いがけの上で神様に祈った後、深い淵に身を投げてしまいました。
館ではいなくなったお船様に気づいて、大騒ぎとなりあちこち探しまわりましたが
見つからなかったのです。



中略・・・・
(お船様は次の日に町方の男に発見されます。
お船様の優しい心にうたれてか神様はお船の魂を美しい白鷺に変え
その亡骸も髪は乱れているもののその顔は大変美しく、
満足そう、幸福そうに見えたそうです。)




お船様が亡くなってから、不思議とはやり病は下火となり、やがてぴたりと治まります。
人々はお船様の死を痛み、また心から感謝しました。


そして、岩村田の人たちは
お船様の命日である7月17日と次の日の18日に
その名にちなんで疫病除けのお船祭りを催し、また供養するために祇園祭を行ったのが始まりです。


昭和になってからは、
七月十七日に近い土曜日と日曜日に祇園祭を行うようになりました。








岩村田の大井城は今は王城公園という公園になっています
城跡や石垣すらありませんが、県の天然記念物にもなっている王城の大ケヤキがたたずんでいます。
未成年のころにタ〇コを嗜むのに絶好の場所でしたσ(^_^;)



さて、お船様が祭られている場所は祇園祭のメインから少し離れたところに設置されます。


蟯ゥ譚醍伐+逾・恍逾ュ_006_convert_20120723233049
見切れてますがw
幟の上にあるのが、お船様が姿を変えたとされる鷺を模しております。




蟯ゥ譚醍伐+逾・恍逾ュ_009_convert_20120722112310
着物を着て真ん中に鎮座されているのがお船様♪





岩村田 祇園祭_009
・・・・いくらなんでも、ひどすぎね?
獅子に似たお顔とされてますが、おもいっきり獅子じゃんか!



前から不思議だったんですが、なぜ通りを変えてどちらかといえばこんな寂しい場所に
祭られるのか?・・・
さすがに聞く勇気がなく、またそれを知っていそうな人も知らないので
依然謎のままですw
商店街の賑やかな場所に移動はできないんですかね~、なんか、可愛そうな気がします。




商店街では、そろそろ車規制が始まるころですかね~、行ってみましょう。






DSC_0008_convert_20120718194543.jpg
進入の車は規制がされていますが、まだ通りから出している途中でした。
ちょっと早かったかな?
時間まで、三陸屋さんに挨拶に行きます。



三陸屋
DSC_0011_convert_20120718194950.jpg
DSC_0012_convert_20120718195611.jpg
久しぶりに顔を出したんですが、カフェが充実しておりましたw
アイスコーヒーでひと休み&談笑です。



DSC_0053_convert_20120724002131.jpg
岩手県三陸のお菓子
かもめの卵ミニをもらいましたよ~♪




DSC_0026_convert_20120720232739.jpg
いつの間にかPCも設置されて自由に使うことができます。



DSC_0018_convert_20120718222421.jpg
DSC_0014_convert_20120718222129.jpg
交通規制がされて子供神輿が入ってきました~
お祭りの始まりです!!




DSC_0051_convert_20120722201630.jpg
なんでしょう、この子の貫禄は!





DSC_0032_convert_20120718222657.jpg
岩村田の祇園祭はまず、消防のパフォーマンスから始まりますw
なぜ?と思うかもしれませんが、実は祭りを通して意味があるんですよ~




DSC_0038_convert_20120719204726.jpg
で、いきなり放水~~~~。





DSC_0041_convert_20120724002616.jpg
大人も子供も当然こうなるわけで・・・。





DSC_0043_convert_20120724194347.jpg
写真の「火」にめがけて放水するわけですが
子供たちはお構いなしw
標的の前に陣取ります
この光景も毎年恒例ですw





消防のパフォーマンスが終わると
子供神輿が練り歩きます。





その後に入ってくる大人神輿~


DSC_0060_convert_20120724195441.jpg
関係者の方もど真ん中で待ちうけてますww




DSC_0062_convert_20120724220418.jpg
来ましたよ~
大人神輿~




DSC_0095_convert_20120724221323.jpg
カメラマンのおじいちゃ~ん、あんまり近寄ると危ないですよ~



DSC_0091_convert_20120724220856.jpg
DSC_0115_convert_20120724223609.jpg
この黒い御神輿は
佐久市指定有形文化財に決定しました。
なんでも、天保十一年(1840年)に江戸の万屋利兵衛さんにより製作されたことが
鳳凰の足元にある、露盤の裏面に記された墨書きよりうかがうことができたそうです。
このように、造立年代と作者が明らかな神輿は少なく
しかも、天保期の当初形式をよく留め、当時のオリジナル部材を多く残しているという点でも
貴重な存在だそうです。
また、文化財に登録された神輿が現役で祭事に使われることも大変珍しいとの事。

まぁ、とりあえず、めでてぇってことで!!





蟯ゥ譚醍伐+逾・恍逾ュ_125_convert_20120722112126
岩村田の御神輿は「暴れ神輿」としても有名で
昔は、寄付金の少ないお店に突っ込んで壊したり、喧嘩したりと
凄まじいものでした。
今は、そんなことも無くなってしまいましたが
左右に大きく振るこのパフォーマンスは暴れ神輿の名残でしょう。
やる方も見る方も結構危険ですw
威勢がよくて、俺は大好きです!





DSC_0067_convert_20120724221902.jpg
大人神輿が魅せている間は子供たちは休憩~
君たちは、この後に大仕事があるもんね~w





さて、大人神輿が通りを過ぎると子供たちの休憩も終わり。




DSC_0120_convert_20120722115304.jpg
消防のおっちゃんが クイッ!





DSC_0074_convert_20120722113846.jpg
再び放水ですw
これが数箇所で水が撒かれますw

ここからが本番!
実はこれ、「お水渡し」という儀式なんですが
昔は鼻面稲荷の近くの湯川という川に御神輿を担いだまま入ったんだそうです。
しかし、河川の汚染や危険などの理由によりこうして街中での消防の放水になったとの事。
俺が生まれた昭和50年にはもうこの放水でしたw





DSC_0127_convert_20120722121306.jpg
DSC_0129_convert_20120722121447.jpg
この放水の中を御神輿を担いでパフォーマンスをしますw





DSC_0077_convert_20120722114418.jpg
DSC_0084_convert_20120722203456.jpg
子供も大人もびしょびしょになりますw




DSC_0111_convert_20120722115136.jpg
この事態をご存知のカメラマンさんは用意周到でございますw



DSC_0122_convert_20120722121131.jpg
ますます激しくなる放水!




DSC_0078_convert_20120725194423.jpg
DSC_0088_convert_20120722114747.jpg
子供たちは大はしゃぎです。
いい顔してますね~♪
この日だけはどんなに水に濡れても怒られないもんね~w




DSC_0163_convert_20120722122027.jpg
しかし、水多すぎないかい?w



DSC_0151_convert_20120722121817.jpg
子供神輿について歩くおかあさんとワンちゃんもびしょ濡れでしたw





すごく暑い日に涼しくも熱気のある祇園祭となりました。





動画が結構てぶれやら、しかも最後に水がかかりそうになって
あわてて逃げていたりと、見づらいと思いますが・・・よろしかったらどうぞm(_ _)m
※音量にご注意ください











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

京都の祇園祭に一人で行ってきました♪

やっぱ、しょーもない祭りでも

誰かと一緒が楽しいと思いました(笑)

祭り

あたろっちさん 今晩は

いやー楽しませてもらいました。
一気に見終えた感じで、満足しました。(^^)
私も大の祭り好きで、小さいころからずっと参加していたので、お祭りとなると
未だに血が騒ぎます。
こちらは秋祭りなのですが、夏祭りだとこの水は豪快ですね・・・
凄すぎです。
こんな夏祭りも良いものですね。(^^)

それと、昔は寄付の少ない商店には、みこしが突っ込む・・・
昔は何処も凄まじいものが有りましたよね。
私の祭りも常に警官隊とにらみ合い、一升瓶がそこらじゅうで飛び交ってました(^^)
喧嘩も多くて、今考えると恐ろしいです(笑)
今ではとても真面目なお祭りになってます。(^^)

こんばんは(^o^)

連日暑い日が続きますねぇ~
お祭りに参加しておもいっきり水浴びしたいです\(o⌒∇⌒o)/

ビバ祭☆

大人になってから混むからと祭への参加率がほぼ0です。
水がかかるからとか汗をかくからとか混むからとかいろんな言い訳をして楽しむ事を忘れていたかも…
もったいない…
今からでも夢中になって楽しみたいとレポみて思いました( ´ ▽ ` )ノ

No title

こんばんは~
ものすごい水の量っすねwww
けど、気持ち良さそう♪^^

>むらさん

こんばんわ~

この岩村田の商店街には知り合いが多く
歩いていると結構声をかけられるんですw
仕事関係だったり友人だったりバイク仲間とか
実行委員会をやってる友人や仲間とも
忙しいながらも話せる楽しい時間でした(^ ^)v

>ひろさん

こんばんわ~

祭りは見るより参加!はうちのかみさんも同意見ですね~
小さい頃から参加されているとなると、祭囃子が聞こえると血が騒ぎますね~

お水渡りは今こそ放水ですが昔は川に入っていたそうなので
さらに豪快だったと思います。
神輿も昔よりは落ち着いたとはいえ
俺が小さい頃は、担ぎ手に怒鳴られた記憶もありますw
まぁ、今より混雑もすごかったし大人神輿のまえでチョロチョロしてたら
当然、怒られますよねσ(^_^;)

>ピンチョロさん

こんばんわ~

毎日、暑くて参ってますσ(^_^;)
8月の中ぐらいまで続きそうですね~
熱中症に気をつけてバイクに乗らないとならないッスねw

岩村田祇園祭は知らずに歩いていると水びたしになりますw
容赦ない放水をぜひ一度見にいらしてください(^0^)ノ

長野では暑さも少し和らぐ
8月23〜26日、29日〜9月1日に
昭和レトロを演出した特設会場で飲食を楽しむ「いわむらだ天神堂横丁」
なんていうイベントもあります
俺もいってみようと思ってますが、ご一緒にどうですか?w

>ビバ♩やきまんじゅうさん

こんばんわ~

実は俺も人混みはあまり得意ではないんですよ~σ(^_^;)
でも、お祭りの雰囲気は大好きですw

出かけてしまえば、後は楽しむしかないッス!
思い切ってお出かけしちゃいましょうよ~
っていいながらも、最近の暑さにダレているあたろっちですσ(^_^;)

>天さん

こんばんわ~

お水渡り、子供たちも大人たちも見物人も少なからず濡れますw
この日は、日差しも強く暑かったので霧のような水が気持ちよかったです。
さすがに、集中豪雨のようになっているところには行く気になりませんでしたがσ(^_^;)

合羽を着込んだカメラマンさん達、お水渡りの前から着て写真撮ってましたが
すごい根性ですね~、きっとすごくいい表情や雰囲気を収める事ができるんだろうなぁ
ブログランキング
ランキングに参加しました
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
ポチッとよろしく!
プロフィール

あたろっち

Author:あたろっち
初心者ですがよろしくです。
使うカメラもコンデジや携帯など
さまざまですので
見にくい所もあると思いますが
生暖かい目で見守ってください。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お楽しみに!
検索フォーム
天気予報
-降水短時間予報-
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Amazon おすすめ商品一覧